公開日: |最終更新日時:

施工会社選びのポイント

こちらでは施工業者選びをするときに大切なポイントをまとめています。

業者を選ぶ時のポイント

工法と特色を知る

施工業者選びで注意をしておきたいのが施工業者の特色です。注文住宅の施工業者を大枠で分類すると、ローコスト系やデザイン系、省エネ系、耐震系などに分類されます。例えば、耐震に特化している業者だとデザインが気に入らないなど妥協をしないといけないこともあります。一つに特化しているのではなく、バランスのとれた業者の方が安心して依頼をすることができるでしょう。 また、木造軸組工法2×4などの工法も確認をすることは重要です。工法ごとに良い点悪い点があるので家族と相談して判断しましょう。

営業マンとの相性

営業マンの中にはノルマが厳しく押し売りをする、そんな会社は注意が必要です。こちらの希望に対してしっかりと対応してくれるか、難しい注文を言っても客側の立場に寄り添って対応してくれるのかをチェックしましょう。家づくりはチームで行う大きなプロジェクトです。信頼できる人なのかを見極めましょう。

経営状態

会社の経営状態をチェックすることは重要です。例えばアフターサポート10年保障などと謳っている会社でも倒産してしまっては、そのサポートを受けることができません。できることであれば、企業や個人の信用度を調査する信用調査会社のデータなどで経営状態を調べることをオススメします。 また、最初に多くの支払いを求める会社は要注意です。 建築会社への支払いは通常工事の進捗状況に応じて数回に分けて支払います。

現場を見せてくれるか

施工業者を選ぶにあたって実際に工事をしている現場を見せてもらえるかという点も頭に入れておきましょう。 現場を実際に見せてもらうことによってその施工業者の姿勢や職人のレベルなどを確認できます。 現場を見せてもらえないと不安になるのが、外観がしっかりとしているが基礎部分がしっかりしていないなど、時が経つにつれて問題が起こる可能性があります。そうならない為にもできる限り工事現場を見せてくれる施工業者を選択しましょう。

口コミの評判

気になる会社があれば何社かリストアップをしてインターネットで評判を調べてみましょう。 住宅関係の会社というのはクレーム産業と呼ばれているくらい悪い評判は広がります。 その口コミの中から良い評価と悪い評価の両方もしくは片方しかない場合は片方を見ましょう。その情報だけでは偏ってしまうのでプラスして近くにその物件の施主さんがいる場合は直接話を聞くと良いでしょう。そうすることによって施工業者を絞ることができます。

パシフィックホーム
初めての家づくりセミナー
土地探しセミナー

FPによる将来設計をふまえた資金計画の解説や土地の見極め方、土地探しのポイントをレクチャー。

【参考価格】
1,720万円(40坪)
坪単価43万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 43万円~
耐震等級 3
SHAREO HOUSE
家づくり楽園

注文住宅を建てる際に重要なお金や土地の話から、アフターメンテナンスに至るまで学ぶことができる短期講座。

【参考価格】
1,500万円(32坪)
坪単価46.8万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 46.8万円~
耐震等級 3
丸昇彦坂建設
家づくりの勉強会

図面ではわからない間取りや照明のとり方、建材の質感や色づかい、費用についての考え方などを具体的に学べる。

【参考価格】
1,690万円(36坪)
坪単価47万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 47万円~
耐震等級 明記無し

※豊橋市で土地探しができて、耐震等級3相当以上とされる地元の工務店3社をピックアップ。
※2019年4月時点での調査内容になります。