公開日: |最終更新日時:

土地選びでのポイント

こちらでは土地選びをするときに大切なポイントをまとめています。

土地を探す際の注意点

安さに釣られないこと

土地を探していると安い土地を見つけることがありますが、安いからといってすぐに飛びつくことはオススメできません。周辺環境、利便性、旗竿地など必ず安いからにはカラクリがあります。本当に良い土地かを判断するためにも基礎知識を身に着けておくことが必要です

生活に必要な場所の確認

生活に必要な場所、例えばスーパーやショッピングセンター、病院、夜間救急など。役所や公共施設、金融機関などもあると生活する上で便利です。特に子供がいる家庭では公立の学校に通う場合は学区内の学校を調べ、子供の足でどのくらいかかるのかも調べると良いでしょう。学校に近ければ近いほど便利と考えがちですが、友達と一緒に通学ができないのでそのあたりも考慮すると良いでしょう。通学を距離だけではなく、信号機やガードレールが無い場所、見通しの悪い交差点、人通りが少なくて不審者が出るなどの心配もありますので色々な観点から選ぶと良いでしょう。

地盤を調べる

地盤とは土地の強度です。大きな災害が起きたときに、地盤が強いと大きな被害を受ける可能性が低くなります。災害が起きない場合でも地盤沈下が起こることもあるため地盤を調べることは大切です。地盤対策としては気になった土地があればその場所の地盤調査をしたり、歴史を調べたりすることです。 自身の感覚だけで決めてしまうと土地選び失敗の原因になってしまいますので、建設を依頼するプロの方に見てもらう、自身で下調べをすることで失敗をする可能性が低くなります。

周囲の環境を予測

気になる土地の周辺環境に高い建物が建ったり、周辺の環境が変わってしまったり、また騒音などに悩まないように予測をしておきましょう。そういったリスクを減らすために確認しておくべきことは用途地域です。用途地域とは都市計画法による区分で、住居系、商業系、工業系に分類されています。用途地域によって建物を建てることができる基準が違います。パチンコ店やカラオケ店が建つ地域、オフィスビルが建つ地域、工場が建つ地域など。こういったことを知っていることでリスクを少しでも減らすことができるでしょう。

抑えた価格で購入したい

家づくりに特殊な要望がない場合は費用を抑えて土地を購入する方法があります。それは建築条件付きの土地を購入することです。 建築条件付きの土地とは売主が買主に対して家を建てる会社を指定して一定期間内にその会社で家を建てる約束をして販売される土地のことです。 売主側は土地と建物の両方の利益が予測できるため、土地の価格を建築条件のない土地に比べれば抑えた費用で販売していることが多いといえるでしょう。ただし、間取りなどの要望は注文住宅のようにはいきませんので注意が必要です。

パシフィックホーム
初めての家づくりセミナー
土地探しセミナー

FPによる将来設計をふまえた資金計画の解説や土地の見極め方、土地探しのポイントをレクチャー。

【参考価格】
1,720万円(40坪)
坪単価43万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 43万円~
耐震等級 3
SHAREO HOUSE
家づくり楽園

注文住宅を建てる際に重要なお金や土地の話から、アフターメンテナンスに至るまで学ぶことができる短期講座。

【参考価格】
1,500万円(32坪)
坪単価46.8万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 46.8万円~
耐震等級 3
丸昇彦坂建設
家づくりの勉強会

図面ではわからない間取りや照明のとり方、建材の質感や色づかい、費用についての考え方などを具体的に学べる。

【参考価格】
1,690万円(36坪)
坪単価47万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 47万円~
耐震等級 明記無し

※豊橋市で土地探しができて、耐震等級3相当以上とされる地元の工務店3社をピックアップ。
※2019年4月時点での調査内容になります。