公開日: |最終更新日時:

注文住宅の工法の種類

家を建てる工法には、様々な種類があります。どんな家にしたいか、どんな土地に建てるのかなどで、適したものを選ぶとよいでしょう。ここでは、豊橋市で注文住宅を建てる方の参考になるよう、それぞれの工法の特徴について紹介します。

木造軸組工法

全て木で作られる、日本古来から行われてきた工法で、在来工法とも呼ばれ、現在も住宅の約8割はこの工法で作られています。木の柱と梁などの水平材で骨組みを整え、筋交いを斜めに入れてバランスよく補強し、基礎の土台に載せて、耐震性を上げています。
木材の加工は職人さんや大工さんの手によるため、精度のばらつきに繋がりやすいという面もありましたが、現在では精密な機械加工がかなうようになったことや、接合部を補強する金物を多く用いるようになったことで、それは解消される方向にあります。
強度に優れた木材を用いるケースも増えたほか、2000年には建築基準法の改正により、木材の耐火性能も再評価されつつあります。

木造軸組工法のメリット

・鉄やコンクリートの素材と比べ、断熱性が高い

・設計に対する適応力に優れ、敷地の狭さや形だけでなく、外装や間取りなどのデザインにも柔軟に対応できる

木造軸組工法のデメリット

・床下、天井などに湿気がこもりやすい

・シロアリ等の害虫被害対策が必要

軽量鉄骨造

多くのハウスメーカーが採用している工法で、鉄骨系プレハブ工法のことを言います。一般的には骨組みは木造軸組工法と同じですが、木材よりも強度が高いため、柱や壁のない空間を作ったり、大きな窓を取り付けたり、自由度が高い工法でもあります。
また、素材が工業化されている為、商品が豊富というだけでなく、品質も安定し、大量生産が可能です。ただ、大量生産の工業製品のため、ブランドごとに企業秘密の部分が多く、リフォームが必要になった際にもメーカーに頼らざるを得ないなどの自由度の低さもあります。

軽量鉄骨造のメリット

・大きな窓や大きな空間づくりが出来る

・高い耐震性

軽量鉄骨造のデメリット

・熱が通じやすいため、室内外の温度差で結露が生じやすい

・防音性に劣る

ユニット系プレハブ工法

プレハブ住宅は工業化住宅とも呼ばれている工法の一つ。作り方や設計ルールなどはメーカーによって異なりますが、多くは日本建築センターという公的機関によって、性能認定を受けています。
ユニット系プレハブ工法は工場で部屋となる箱形のユニットを作り、建築現場でクレーンにて組み立てて行く工法です。壁や天井の下地材、キッチンやトイレ、お風呂といった設備などの取り付けといった、家づくりの約80%が工場で行えるため、現場での工程が少なくなります。
工場生産なので品質管理の信頼性も高く、素材も鉄骨系だけでなく、木質系のユニットもあります。

ユニット系プレハブ工法のメリット

・品質が安定していて、尚且つ工期が短くて済む

・人件費などをおさえられるため、コストが安く済む

ユニット系プレハブ工法のデメリット

・ユニットを運ぶ際の広い道路や、敷地ではクレーン車が動けるスペースが必要

・商品が均一化されている為、デザインの自由度が低い

パシフィックホーム
初めての家づくりセミナー
土地探しセミナー

FPによる将来設計をふまえた資金計画の解説や土地の見極め方、土地探しのポイントをレクチャー。

【参考価格】
1,720万円(40坪)
坪単価43万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 43万円~
耐震等級 3
SHAREO HOUSE
家づくり楽園

注文住宅を建てる際に重要なお金や土地の話から、アフターメンテナンスに至るまで学ぶことができる短期講座。

【参考価格】
1,500万円(32坪)
坪単価46.8万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 46.8万円~
耐震等級 3
丸昇彦坂建設
家づくりの勉強会

図面ではわからない間取りや照明のとり方、建材の質感や色づかい、費用についての考え方などを具体的に学べる。

【参考価格】
1,690万円(36坪)
坪単価47万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 47万円~
耐震等級 明記無し

※豊橋市で土地探しができて、耐震等級3相当以上とされる地元の工務店3社をピックアップ。
※2019年4月時点での調査内容になります。