公開日: |最終更新日時:

注文住宅の予算の組み方

注文住宅を建てるときの予算の組み方について詳しく解説します。

夢のマイホームの実現に向けて期待がふくらんでいく一方、現実として、施主は予算の問題にも向き合わなければなりません。予算を組む上での注意点やコストダウンのコツ、予算オーバーしてしまったときの対処法・考え方などをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

注文住宅の予算組みで注意するポイント

注文住宅の予算組みをするうえで、最も注意しておきたい基本的なポイントは、「建物の価格=予算」ではないということ。建設会社がカタログ等に記載している価格は「建物の価格」ですが、この価格は支払いの総額ではありません。

実際に注文住宅の見積りをお願いすると分かることですが、「建物の価格」に加え、通常は別途での各種工事費や諸経費など様々なコストがかかります。

たとえば、特定の設備を設置するにしても、メーカーのカタログに記載されている設備の価格に加え、建設会社に支払う設備の取付費があります。あるいは、大工さんが建設会社の下請けの場合、雑工事費が別で発生することがあります。

あまり歓迎すべき話題ではありませんが、現実として、「注文住宅は思った以上にお金がかかる」という前提で予算組みをしていきましょう。

コストダウンのコツ

少しでも注文住宅のコストダウンを図りたいならば、次の3つのポイントに注目してみましょう。

家の外観をシンプルなデザインにする

オリジナリティある外観は注文住宅の魅力でもありますが、コストダウンの視点から考えれば、できる限りシンプルな外観にすることがおすすめ。シンプルな外観の家のほうが、建築費用もメンテナンス費用も低めに抑えられます。

間仕切りを減らした間取りにする

屋内では間仕切りを少なめにし、なるべくオープンな空間に仕上げることがコストダウンに有効。壁やドアなどの材料費、工事費を節約できるからです。むしろ最近ではオープンで広々したLDKが、デザイン的にも人気ですね。

規格ものの設備を積極的に使う

ドアやキッチン収納、テレビボードなどの各種設備については、妥協できる範囲で構わないので、規格ものを使うことがおすすめです。規格外の造作設備は、相応に高いコストがかかると認識しておきましょう。

パシフィックホーム
初めての家づくりセミナー
土地探しセミナー

FPによる将来設計をふまえた資金計画の解説や土地の見極め方、土地探しのポイントをレクチャー。

【参考価格】
1,720万円(40坪)
坪単価43万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 43万円~
耐震等級 3
SHAREO HOUSE
家づくり楽園

注文住宅を建てる際に重要なお金や土地の話から、アフターメンテナンスに至るまで学ぶことができる短期講座。

【参考価格】
1,500万円(32坪)
坪単価46.8万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 46.8万円~
耐震等級 3
丸昇彦坂建設
家づくりの勉強会

図面ではわからない間取りや照明のとり方、建材の質感や色づかい、費用についての考え方などを具体的に学べる。

【参考価格】
1,690万円(36坪)
坪単価47万円~

取引態様:売主

土地探しの有無
坪単価 47万円~
耐震等級 明記無し

※豊橋市で土地探しができて、耐震等級3相当以上とされる地元の工務店3社をピックアップ。
※2019年4月時点での調査内容になります。